5歳児プログラム

 今日は大雨警報が発令されたために幼稚園が休園になりました。まず初めにこの点をお詫びします。予想外の天候の急変などついていくのが大変です。

 さて、文部科学省ではいわゆる「小1プロブレム」を解消するために「5歳児共通プログラム」を作成して中央教育審議会に答申する方向だそうです。
 ここからわかることは、そういうことをしなくてはならないほど小学校が大変だということと、公立小学校離れがますます進むだろうということ、それがひいては少子化にますます拍車をかけることになるだろうということです。幼稚園としては困った問題です。
 大阪ではまだ顕著なうごきはありませんが東京は過去最高の私立小学校進学率だそうです。でもこれは教育の公平性と機会均等性の上では大きな問題があります。
 言いたいことや???なこと、それよりも教員免許更新制を廃止してほしいという思いなどたくさんありますがここで言いたいのはそれではありません。(なんじゃそりゃ)
 「5歳児共通プログラム」では「好奇心・粘り強さ・協調性」を養うために具体策として「言葉・情報活用・探求心」を掲げています。何かとってつけたようで今一つピンときませんが、今までの政府と文科省の方針からそういうしかないのかもしれません。でも言いたいのはそこでもありません。(は?)
 探求心の例として「砂場の土が水をかけるとなぜ固まりやすくなるかなど身の回りの疑問について話し合う」というのが挙げられていましたが、実は私にはわかりません(でした)。こんな質問をされたら困るなあ。でも答えないと子どもにばかにされるなあ。とりあえず「話し合ってみよう」といってけむに巻くか。などということを夢想しました。元教師の習性で子どもに質問されたらどうしようと、つい(ごまかし方を)考えてしまいます。もちろんすべての教員がそうではありませんよ。
 隣り合った物質を隙間なくびっしりと並べると動けなくなって固まった状態になります。そこに水をかけると土がとけて物質の並びが補強された状態になって、乾いても固まったままの状態になるのだそうです。
 物質(粒子)は小さい方がより結び付きやすくなります。当園の砂場の粘土質の砂(山土といいます)は粒子が小さいので比較的簡単に泥団子ができます。川砂でもできないことはありませんが、粒子が大きく大きさもばらばらなので乾くと崩れやすくなります。
 ちなみに小石も中に土と水分が混ざって長い長い永遠とも思える時間が経過すると岩になることがあります。さざれ石(小石)が長い年月の間にいわお(岩)になるわけです。
 これで子どもたちに質問されても答えることができます。でもわかってもらえるかどうかは別問題です。これだから幼児教育は難しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス